top of page

京都、1820年頃

ろうそくの端を前足で持ち、別の足で引っ掻きます。ステンドグラスのアイボリーはまろやかになり、美しい蜂蜜の色になり、ネズミの目と焦げた芯はダークホーンの象眼細工です。尾はnatural_cc781905-5cde-3194-bb3b- 136bad5cf58d_himotoshiを提供します

署名。
 

長さ:3.8cm
 

主題は芸術家によって何度も扱われました、しかし構成は珍しいです。両方の前足でろうそくを地面から離して保持しているネズミを見つけるのがより一般的です(たとえば、  Meinertzhagen Card Index 、p。619の例)。自分自身を引っ掻きながら地面に着く、見事な観察。

 

 

-EU居住者のみが利用でき、CITESは必須です-

山口岡友によるネズミの根付

€9,000.00価格
bottom of page